親子で歴史は繰り返す。

息子が小指骨折して一ヶ月、もう骨折も治ったのですが、息子が体調崩したり、私の仕事が忙しかったりで、モトクロスに行けておらず運動不足でウズウズ・・・


で、先日、私の母親の家に立ち寄った時に、母が発掘してきた写真がありまして。

昨年亡くなった父親が、当時約30年前に買ったばかりのBMW K100RSにまたがり、後ろでしがみついてるのは、まだ5~6歳のわたし。

幼心に父親がこのバイクを買った時に興奮していたのをよく覚えていて

「BMWのバイクは、自分が新入社員の時は月給の何十倍もしたから、買うのがずっと夢だった」

と・・・

夢をかなえ、よほど嬉しかったのか、しばらくは毎週末のように、私を後ろに乗せて連れ回されていました笑

最近、Webを眺めながら「やはりBMW R ninet Scramblerはかっこええなぁ」なんて思っているのですが、うっかりBMWのバイクを買ったら、うちの息子はちょうど現在6歳なので、この昔の写真と同じようなシチュエーションに。

思えば、父親が私にバイクに乗せたのも5歳くらい。

私が、息子にバイクに乗せたのも4歳。


世代を経ても、やってることは、まったく変わらない。

歴史は繰り返す・・・のか?^^;



0コメント

  • 1000 / 1000

YamaGuuci#29

「速さより、ミーハーさを楽しむ親子」20年ぶりにモトクロスに復帰したオヤジが、息子と一緒に週末ライドを楽しんでいるサンデー親子レーサーです / CRF250R & DR-Z50