CANVAS MXはあり?ありでしょう!

以前、モトクロスウェアのビジネスモデルイノベーションを牽引する2社のうちの1社では?と書いたCANVAS MXでオーダーしたジャージが届きました。

黒ベースのデザイン息子とお揃い。但し、乗ってるマシンのメーカーに合わせ、HONDAロゴとSUZUKIロゴだけは異なる。

しかし、なぜかSUZUKIのDR-Z50に乗る息子のジャージの背面の襟元だけは、CANVAS MX側のミスにより、SUZUKIロゴではなくHONDAのウイングマークになっていました^^;

上記はサイト上で入稿したデータですが、実物は微妙にゼッケンのサイズも縮小されていたり、やはり入稿データがそのまま制作用データにはなっておらず、CANVAS MX側で生地のカットラインの都合などに合わせて、多少の加工をしている模様。

その手作業プロセスのミスによって、息子のウェアのSUZUKIロゴがHONDAロゴになってしまったと予測されます。クレームしたら作り直してくれるかもしれませんが、もう面倒だからいいやw

ちなみに、オヤジ用のジャージは赤ベースでもう一着。

---


で、先日の関東ミニモト@モトクロスヴィレッジで着用したときの写真がこちら。

うむ、見た目はちゃんと意図通り。息子の背中のHONDAロゴだけがSUZUKIと不釣り合いで気になりますが、目をつぶることとしますw

----

ジャージの実物の生地ですが、いわゆる化学繊維チックで光沢ある薄めのナイロンです。(メッシュではないので冬でもOK)

生地の質がすごく良いとも思わないですが、必要にして十分で、薄いぶん重量はかなり軽い。縫製は、最初から糸がほつれていた箇所もあり、良くはないですね^^;

じゃあ、不満か?と言われると、私は問題なく、十分に満足です。

やはり、アイロンプリントと違って最初からゼッケンやスポンサーロゴが生地に転写プリントされているため、アイロンプリントのようなゴワゴワ感や重量感がないのがすごく気持ち良い。

それにコスト面でも、普通のジャージを買って、前面~背面のアイロンプリントをオーダーするよりもコストは安かったり。

ちなみに価格面ですが、

サイズや色に関係なく ジャージ1着85ドル。

今回は3着+送料43ドルで、総計$298.22でした。

(為替で変動しますが、送料いれても1着単価1万1000円ちょっとのイメージ)

ちなみにオーダーから配送到着の期間は、約1ヶ月弱でした。まぁ、すべて一品一品異なるハンドメイドなので仕方ないかな。

ーーー

ということで、まだまだ改善できそうな課題は細々とあるのですが、私個人の評価としては、コスパふくめて、CANVAS MXはあり!だと思います。

独自デザインに関心ありなミーハーモトクロスライダーの皆様は一度お試しを^^

CANVAS MX サイト


P.S

関東ミニモトのレースレポートは、またの機会に・・・(結果がボロボロなので先送りw)

0コメント

  • 1000 / 1000

YamaGuuci#29

「速さより、ミーハーさを楽しむ親子」20年ぶりにモトクロスに復帰したオヤジが、息子と一緒に週末ライドを楽しんでいるサンデー親子レーサーです / CRF250R & DR-Z50