TLD新作ヘルメットSE4は未上陸の黒船

先日、Troy Lee Designsの新作ヘルメット SE4のFREEDOMが届きまして。

プロモーションでは「Your Safety, Our Priority」とちょっと大げさにMIPSの安全性を訴求していましたが、そこまで期待していなかった・・・


米国のヘルメットなんで、機能性はともかく、星条旗デザインがかっちょええやないか!と、かぶる前はそんな気持ちでした。


私はトロイリーデザインのヘルメットは3個目。


廉価なAIRはスカルデザイン。

当時はフラッグシップモデルだったSE3は星条旗デザイン。


これまでかぶっていたSE3やAIRはデザインはとても良いが、かぶっているときのフィット感や重量感はAraiやSHOEIに大きく劣る感覚があり、やっぱりヘルメットは日本製だよな、と思ってました。

*SE3とSE4比較写真。同じ星条旗モチーフでもだいぶ色がちがう。


SE4はヘルメット帽体素材が2種類あり、私のは軽いほうのカーボン製ではなく、普通のシェル素材の重いほうのバージョン。


しかしながら、正直言って、SE4はかぶってみてびっくらこいた。

「か、かるい!軽く感じる!」
「しかも、フィットする!」

です。


手に持っても、かぶっても軽く感じるし、SHOEIのような点でフィットするタイプですが、実にかぶったときの心地もよい。これはSE3から大きな進歩だし、下手したらAraiやSHOEIよりいいかも?と。

更に軽いカーボン製帽体バージョンなら、すごいことになるのかも?


日本の製造業は、自前の工場やMade in Japanにこだわりつつも衰退したカテゴリが沢山ありますが、これはAraiやSHOEIも危ないのでは?

TroyLeeDesignsがヘルメットの研究開発や製造を自前でやっているとは思えず、SE4はどこかがOEMでつくっているハズ。つまり、OEMメーカーのレベルがもはやAraiやSHOEIレベルと遜色ないことを意味しており、おそらく他の米国メーカーのヘルメットも良くなっているのでしょう。(最近はBELL、6D、ANSWER、FLYのヘルメットもMIPS搭載しており、同じところがつくっているのでしょうか?わからんけど)


もはや日本製ヘルメットの機能的な優位性とはなんだんだろう?と感じてしまいました。(主観ですが、デザインは米国製ヘルメットのほうがかっこ良く、そうすると、いいとこなしでは?)

がんばれ、日本の製造業!という気持ちもありつつ、これは本当にまずいかもなぁ、と。


しかし、こんな機能性も良いSE4ですが、なぜか日本では未発売なんですよね・・・うーむ、もったいない。


そんなこんなでSE4ヘルメット、海外から買うしかないのですが、おすすめですよ。


SE4の商品情報サイト(公式)

http://www.troyleedesigns.com/moto/helmets/se4


ちなみにトロイリーデザインの公式サイトは日本に発送してくれないため、BTO Sportsなどでないと買えません。

-----

P.S

ENDLESS DIRT さんが、SE4のデビューレースである関東ミニモト@モトクロスヴィレッジで撮影してくれました。



私のようなへっぽこライダーでも、カメラマンの腕が良いと、ソレッぽく見えるEndless Dirt Magic!!

新作ヘルメットもなかなかかっこよく映えていて、ミーハーとして自己満足でご満悦w


いつもありがとうございますm(__)m

0コメント

  • 1000 / 1000

YamaGuuci#29

「速さより、ミーハーさを楽しむ親子」20年ぶりにモトクロスに復帰したオヤジが、息子と一緒に週末ライドを楽しんでいるサンデー親子レーサーです / CRF250R & DR-Z50