NPKで息子氏の基礎練の巻

先週末、数週間ぶりにモトクロス練習しようとしたらオフビもモトビも貸し切りでNG。

そこで初めてナショナルパーク川越 NPKさんにお邪魔して練習しました。セブンイレブンで走行チケットを決済し、モトビのすぐ近く、です。
新車で買い替え購入した息子氏のDR-Z50ですが、いまいちエンジンの回転が安定せず、セルでエンジンかかりにくく、なおかつかかった後もエンストしやすかったため、ウエストポイント福本店長にキャブまわりなど調整いただき、しっかり安定しました(^^)
更に、福本店長からギヤチェンジとスタートの講習を受けるラッキーな贅沢者な息子。
モトクロスの世界は、職人気質ゆえに悪気なく『メカも自分でいじれない奴はすっこんでな』オーラ発している方もいて、私のような低リテラシーミーハーユーザーには福本店長のサービス業のプロとして親しみやすく低リテラシーユーザーにも暖かい対応をしていただける安心感は絶大でして、深く感謝しておりますm(__)m

…で、ギヤチェンジするときは取り敢えず足元確認が必須の息子氏(^^;
この日は、新しいバイクに慣れ、ギヤチェンジにも慣れるため、オーバルコースをひたすらぐるぐる基礎練習。
先日のレースの体たらくを反省し、親父がしっかり練習を見守り、しつこくアドバイス。息子氏はウザそうに聞いてますが、しかし、なかなかスピードもテクも向上せず、親父もイライラ…
そこで偶然、パドックで隣り合わせのご家族のお子様が息子氏と同じ歳の小学一年と判明し、お友達に。

一年生にしてクラッチ付きのKX65を乗りこなしジャンプもバンバン飛び、息子氏は勝負にならないのですが、やはり同じ歳の友達の速さに刺激を受け、ペースは自然にあがる。いい感じ。
ギヤチェンジもたどたどしいけど、走りながらできるように。
そこに更に息子氏と同じ歳くらいに見えてバイクも同じ速いキッズがやってきたので、息子に『オーバルコースであの子を頑張って追いかけろ!』と指令を飛ばす。
同じバイクのキッズは、息子より一枚も二枚も上手で、テクもスピードも勝てないのですが、息子も確実にペースが上がっていく…
最後のほうは、親父がいくら『もっと寝かせて、早くアクセル開けろ!』と発破をかけてもまるでダメだったのが嘘みたいな走りに進化…当社従来比ですがw

多分朝の走行時からはペースは1.5倍増し。

これをライバルがいない状態でも実現させないと…次の課題(^^;

しかし、息子氏の育成、自分のアドバイスよりも同世代ライバルの存在のほうが100倍効果的ですね、マジで。

親父のアドバイスよりも、同世代のお友達と同じ日に練習に行くほうが大事だわ、という結論を改めて再確認しました(^^;

0コメント

  • 1000 / 1000

YamaGuuci#29

「速さより、ミーハーさを楽しむ親子」20年ぶりにモトクロスに復帰したオヤジが、息子と一緒に週末ライドを楽しんでいるサンデー親子レーサーです / CRF250R & DR-Z50