全日本MX@オフビでフォーム考察

オフビの全日本モトクロス選手権、R2の@オフビを観戦。

今回は、望遠レンズをレンタルして、初めてPWの息子以外の速いライダーを撮影してみました。

望遠レンズ、欲しいなと思いつつ、私のカメラα7の適合ものは10万円以上するので、年に1~2回の使用頻度では買う気が起こらず^^;


撮影してみると、けっこう色々気づきますね。各選手のフォームの違いがよくわかり、素人ながら学びがありました。


HONDA好きなので、HONDA多めですが、写真をちょいちょい。

----


田中雅己選手。フォームがきれいで、特に上半身がブレない体幹の安定感?みたいなものを感じ、速さと共に見とれてしまいました。ブログ拝見してもトレーニングをよくされているので、その成果もあるのかな?

成田亮選手。フルモデルチェンジするであろう2017年型CRF450Rのワークスチューンのマシンも気になります。素人ながら感じたのは、成田選手は下半身の安定感が半端ない。コーナー入り口のフルブレーキング時、出口でアクセルフルスロットル時に、下半身がまったくブレない。

Kawasakiに移籍となった小方誠選手。ジャンプの時に、身体がきれいに直立してフロント上げ気味で飛んでいく姿勢が印象的です。

去年10月のオフビで撮影したときHRC所属でしたが、フォームはおんなじ!

小方選手は、ホームストレートに戻ってきたときのヘアピン立ち上がりの加速も安定しているように見えました。マシンの動きに先行~補正するような身体の動きは少ないけど、マシンの挙動は非常に安定しており、バランス感覚が良いのでしょうか。


そしてHRCの能塚智寛選手。身長184cmの長い手足で、マシンが小さく見えます。決勝レースのベストタイムをみると、なんとIA1のベストタイムの成田選手より速く、とんでもない速さ。これで19歳。身長もタイムも、まだまだ伸びしろがありそうですごい。

SUZUKIのディフェンディングチャンピオン、小島庸平選手。全身の肩の力の抜け具合が美しく、もう教科書のお手本のように美しい!のが印象的でした。小島庸平選手は、副業?で会社経営されていて、モトクロスとビジネスを両立しながらチャンピオンを獲得されたのは、素晴らしいし、引退後の仕事が不安になりやすいプロスポーツ選手のひとつのロールモデルと思い、個人的にとても応援しております。

星野優位選手。深い寝かしこみの安定感。すご。星野選手は、HONDAのマシンに乗っているときからジャンプ時に少し左足がステップから離れている写真が多く、バランスをとるときの癖?なのかも。KTMになってもかっこいいです。

怪我から復帰の平田優選手。上半身をたくみに前後させ、フロントアップをおさえつつ、フル加速。身長が高くない選手なので、それを補うようなボディアクション?のメリハリが印象的でした。

キッズのクラスで、スタート前から勝利予告サインのように手を掲げ、そのまま本当にぶっりぎりで買っていたKTMの岸選手。ぶっちぎりの速さとコーナリングの安定感でした。

レディースクラスの国部直美選手。私は10代のころ、国部選手のお父さんに大変お世話になり、一時期はマシンを国部家に預けて、一緒にハイエースで運搬してもらっておりました。

私がモトクロスをやめていた20年間、ずっとそのまま続けていた!継続は力なり、です。


予選でバトルする娘に向けたお父さんの「ガマン全力」のサインボードみると、勝手に胸熱。

で、、、最後。実は今回、私の胸に印象に残ったのは・・・

HRCの芹澤直樹監督!


HRCのライダーの走りを見守るシビアな目線に、プロフェッショナリズムというか、男の仕事場の厳しいオーラみたいなものが出ていて、私はゲイではないですが、思わず見とれて撮影しまいました^^;

この芹沢直樹監督の厳しい表情を拝見し、あぁ、自分はアマチュアでモトクロスを楽しんでいるが、この方たちはプロとして、仕事として、レースで勝つために本当に全力を尽くしているのだな、と実感した次第です。

今季のHRCは、全日本モトクロス選手権のR1-2のIA1~IA2のすべてを全勝していますが、ライダーの良さもさることながら、このバックアップ体制も確実にあるのだろうなぁと。

-----

個人的には、自分の高い身長ゆえにまとまりのないフォームにコンプレックスがあったのですが、能塚智寛選手がその長い手足を持て余しながらもうまくバランスさせたバカッ速い走りを観て、いろいろ勉強になりました。

「あ、手足持て余しても、速く走れるのか!」という新鮮な発見。

あれくらい速く走れたら気持ちいいだろうなぁ・・・と思いつつ、ミーハーなオッサンの観戦記は幕を閉じます。


-----

私の撮影した写真は、上記掲載分も含め、下記Google PhotoにすべてUP済みです。もし気に入った写真があれば、ご自由にダウンロードして使用されてください。アマチュアの趣味写真なのでクレジットも不要です。使用されたときは、この投稿のコメントで使用報告や感想をお聞かせいただければ、純粋に嬉しいです^_^
*上記に掲載されていない写真も多数あります。

Google Photo アルバム 2016 全日本モトクロス R2オフビ

0コメント

  • 1000 / 1000

YamaGuuci#29

「速さより、ミーハーさを楽しむ親子」20年ぶりにモトクロスに復帰したオヤジが、息子と一緒に週末ライドを楽しんでいるサンデー親子レーサーです / CRF250R & DR-Z50