息子がレース初参戦。

オヤジのレース復帰の次は、息子のレースデビュー。

舞台はビッグクルーさんが開催するKids SUPERCROSS(キッズスーパークロス)の初戦@モトクロスヴィレッジ。

さぁ、いよいよ初レース・・・。親としてはとりあえず転ぶな!と願うばかり。スタート前に隣のグリッドに並んでいたお子さんのパパに


「そのノーマルタイヤじゃ滑ってどうしようもないよ」


と教えていただき、でも、「スタート前でもうどうしようもない・・・」と、早くもレースの厳しさの洗礼を受けるダメな父親メカニック(苦笑)

結果はヒート1〜2共に3位で、総合3位。

初レースで表彰台!と思うかもしれませんが、プレスクールクラス(未就学児)の出走台数は全4台。つまり、後ろから2番目とも言えます(苦笑)


しかしながら、親バカとしては、ヒート2では、2回転倒してから必死に追い上げてファイナルラップに3位に浮上というドラマを見せてくれて楽しませてくれたので、これで充分です。 


真剣にやるけど、やれる範囲で、楽しむことも忘れずに。


よりレースの順位にこだわって本気でやっているご家族からしたら甘っちょろく叱られてしまうかもしれませんが、我が家はそんなペースでちょこちょこ息子もレース参戦させていきたいと思います^^


ちなみに今回のレース参戦にあたり、息子のバイクにゼッケンをつけなければいけないので、どうせならかっこ良くしてやろうと、自分でイラストレーターでデザインし、PW50のグラフィックデカールをつくってみました。

息子は、映画のミニヨンのキャラが好きなのでミニヨンを散りばめつつ、あとはオヤジの趣味。特に DEUS EX MACHINAは完全にオヤジの趣味(笑)

完成したシールをバイクに貼り付けると、なかなかいいじゃないか!という父親の完全なる自己満足だけでなく、息子も大喜び。


ちなみに、前日にレギュレーションでゼッケンが赤指定なことに気づき、慌てて、黒いゼッケンの上から赤いゼッケンを貼ったというマヌケなヒヤリハットも・・・(苦笑

0コメント

  • 1000 / 1000

YamaGuuci#29

「速さより、ミーハーさを楽しむ親子」20年ぶりにモトクロスに復帰したオヤジが、息子と一緒に週末ライドを楽しんでいるサンデー親子レーサーです / CRF250R & DR-Z50