HONDAファン歓喜のAMA Supercross

今年もいよいよAMA Supercross開幕しましたね。

開幕戦のアナハイムは思わず有料放送のLIVE観戦してしまいました。

HONDAファンは、ここしばらく勝利に飢えていましたが、なにしろ今年はアメリカンホンダHRCにKEN ROCZENが加入!


今年は勝てるHONDAが観られる!!!


と、興奮気味です。

Photo : MXLarge


開幕戦でまさかにFOX→SHIFTにウェアスイッチの発表がありましたが、シンプルでかっこええ!ですね。私は長年Troy leeのウェアでお世話になっておりますが、このSHIFTはシンプルで好みだし、ミーハー心をそそられます。


但し、タイトなシルエットのカットなので、身体を鍛えないと、単にだらしない中年の肉体がさらけ出され、自分が着てみるとイマイチ・・・になりかねないw


しかし、ロクスンのウェアは、昨年秋のモンスターエナジーカップのときに、FOXからロクスンレプリカを出したばかり。


Photo : GateDrop.com


2017年は、HONDA×FOXでロクスン気取るぞ!と喜びいさんでFOXを買ってた大勢のファンを思うと、いくら同じ資本のウェア同士とはいえ、この急なSHIFTはいただけません(うまいこと言いたかっただけw)


しかし、レースのほうは、開幕戦アナハイムと第二戦サンディエゴを観ている限り、ライダーとしての勢力図~特性は昨年までと変わらないですね。


HONDA好きの贔屓目かもしれませんが、ロクスンの顔つきと身体が精悍になり、HONDA CRFとのマッチングも良いのか、今年のロクスンはスピードだけでなく、走りとメンタルの安定感も感じられます。

シリーズチャンピオンを予想するにはまだ早すぎますが、開幕から二戦を観る限り、今年もダンジーとロクスンの一騎打ちなんだろうなぁ。ダンジーが三連覇なるかどうかは、ロクスンの安定性次第でしょうか。去年のようにロクスンが不安定~転倒があると、ダンジーが安定性で勝ちそうですが、今年のロクスンは一皮むけたと信じたい。

ただ、昨年はAMAゼロ勝利だったHONDAファンとしては、すでに開幕二連勝を見せてくれただけで、もはやお腹いっぱいでロクスンに熱烈な感謝ですw

---


遅いおまえが上から目線で言うな!は承知しつつ、観戦ファンの目線で勝手な選手の印象で言うと、、


・マシンが変わってもキレのある速さのKEN ROCZEN

・勝てないレースもきっちり表彰台の安定のRYAN DUNGEY

・一発のスピードは速いが、後半は失速しがちな ELI TOMAC

・スピードはあるがスタートに出遅れ、表彰台にあと一歩で中位安定の COLE SEELY

・スピードはあるがスタートに出遅れ、いつも追い上げ途中でTボーンアタックくらわす JASON ANDERSON
*第二戦はトマックに当てまくり。トマックも気が短そうなので、シーリーに次いで敵を増やしすぎでは?(笑)

・スピードが徐々に衰え、中位集団に埋もれがちな CHAD REED

・勝てるスピードはあるが、転倒~怪我の多い TREY CANARD
*性格良さそうな笑顔で好きなんです。今年はKTMで頑張って結果をだして欲しい!


などなど、ライダーのメーカースイッチは多少はありましたが、役者の特性は今のところ変わらず。


結果論ですが、勝つためにロクスンを獲得し、トマックとカナードを手放したアメリカンホンダHRCの判断は冷静で正しかったのだなぁ、と。。


そして一時代を築いた速さがあったものの、もはや勝利の争いにからめないリードや、更には参戦体制すらつくれないジェームズ・スチュワートをみると、レースの世界の厳しさを感じます。リードとか、来年あたり全日本選手権にフル参戦とかしてくれないかな・・・生で走りと家族を観たい。


個人的には250ccからステップアップのCOOPER WEBBに注目してましたが、いまのところまだ上位に食い込むにはいたらず、ですね。

私が観戦していていつも気持ち良いなと思うのは、ロクスンとダンジーは、接戦レースの後に、必ず互いを称え合っているのですよね。このシーンはスポーツ観戦としてとても気持ち良い。

互いを信頼~尊敬してるからこそ、ギリギリのパッシングでも、両者は変な接触がほとんどなく、絶妙な駆け引きがあり、観ていて良い意味で安心できる。

これはぜひジェイソン・アンダーソンも見習ってほしく、シーリーに当てたら、ちゃんと謝って欲しいのですが、第二戦のトマックへの当て方をみると今年も反省の色なしw


HONDAファンとしては、いつもシーリーはアンダーソンに当てられ、抜かされっぱなしなので、いつかシーリーはより速くなり、クリーンにアンダーソンをぶち抜いて欲しいんですけどね^^;


ロクスンの勝ちっぷりに、一気に興奮し、ロクスンファンになりつつ、この数年応援しつづけているシーリーにも頑張ってほしい、いちホンダファンのグダグダSupercross観戦日記は以上です^^;



0コメント

  • 1000 / 1000

YamaGuuci#29

「速さより、ミーハーさを楽しむ親子」20年ぶりにモトクロスに復帰したオヤジが、息子と一緒に週末ライドを楽しんでいるサンデー親子レーサーです / CRF250R & DR-Z50