MXデカールの素人制作How-to

息子のPW50の外装デカールがオリジナルのせいか、サーキットでは「デカールはかっこいいけどオーダーすると高いでしょ?」とたまに声をかけられます。

息子のバイクの外装デカールは、実は部分的に内製化?し、自前でつくっています。

海外ではゼッケンやネーム指定でオーダーできるサービスもありますが、価格も100ドル以上するし、届くまで3~4週間と、レース前のリードタイムを考えると時間も長かったり。


作成の手順としては、、

ーーー

1 デカールの切り取り線がデジタルデータ化されたテンプレートデザインファイルの購入

2 Adobeのイラストレーターでデザインファイル作成

3 印刷(プリンターがある場合は自前で。無ければ印刷屋さんに外注)

4 印刷面の保護用クリアシールの貼り付け

5 シールの切り抜きカット

6 バイクへのデカール貼り付け

ーーー 

となります。
*ちなみに、印刷屋さんによっては3~5をすべてワンストップでやってくれて便利です

もう少し細かく御説明すると・・・

1 デカールの切り取り線がデジタルデータ化されたテンプレートデザインファイルの購入

こちらは「バイクの機種名 graphic template」で検索すると、海外サイトでけっこう出てきます。ちなみに私は「PW50 graphic template」で検索して見つけたコチラで、デジタルデータを20ドルで購入。日本円で2500円くらいなので、繰り返し使うなら元とれる価格です。


2 Adobeのイラストレーターでファイル作成


私はイラストレーターの使い方は下手っぴですが、ぎりぎり簡単なことはなんとか使える程度なので、このテンプレートをベースに、こんなファイルを作成。

よく、プロのライダーが作成し、マシンに貼ったり、ファンに配っているゼッケンプレートのミニシールなんかもついでに入れてみたり(笑)


3 印刷(プリンターがある場合は自前で。無ければ印刷屋さんに外注)~6まで


【自前で作成の場合】
私は、一度は自前で印刷してつくりましたが、そのときに使ったのはこちら。

上記はレーザープリンタ用のものですが、お手持ちのプリンタがインクジェットのモノなら、それ専用のものや、サイズ違いなど、同じメーカーで色々ラインナップがあるので、調べてみてください。

デカール用として選ぶうえでのポイントは、「屋外用」であることと、「保護用クリアシールつき」ということです。

他のメーカーからも出ているので、とくにエーワンにこだわる必要はないですが、私の経験上、レーザープリンタは紙との相性の良し悪しが激しく、最悪の場合は、まともに印刷できないものもあるため、一気に大量購入するのはおすすめしません。まずはお試ししてOKなら大量購入の手順を推奨します。


自前で印刷したら、そこに自分でクリアシールを貼り(空気が入り込まないよう留意しつつ)、そこからハサミでチョキチョキしてカット、カットしたものをバイクに貼って出来上がりです。


【印刷屋さんに外注の場合】

印刷屋さんに外注の場合は、印刷だけでなく、クリアシール貼り付け、カットまで一気に任せることが可能です。

ちなみに、今回は私がオーダーした印刷屋サービスはACCEAの屋外用ステッカー。ラミネート加工=クリアシール加工も、カッティングもしてくれます。

こちら↑がA1サイズでプリントした出来上がりの現物です。私はカッティングを無しにして少しのコストをケチったのですが、カッティングはけっこう面倒で、やっぱりオーダーしとけばよかった(笑)

----


私は自分のバイク、CRFではThrottle Jockeyにオーダーしたデカールを使用していますが、それと比較して、今のところ貼りにくいとか、剥がれてくるとか、特に大きな品質差は感じません。(これはあくまでも個人的な感想で、使ったいる部材やデカール専業のブランドにオーダーしたほうがきっとより良いのでは?という期待はあります)

もろもろコストを計算してみると、本当に自前でプリントまでやれば、PW50サイズなら、初期購入のテンプレートを入れても、5千円くらいで、半額以下になるイメージ。

2回目以降、テンプレートの追加購入はいらないため、2600円程度でOK。うん、安い。


でも、印刷屋さんを使うと、実は、オーダーして購入するデカールと、そこまで価格は変わらないかもしれません^^; (ちなみに私がオーダーしたACCEAでは、A1サイズのクリアラミネート加工とカッティング加工までして8500円)

ただ、私が印刷屋さんをコストやクオリティの面でしっかり精査~検索したわけではなく、ACCEAがたまたま自宅から近かっただけのため、うまく探せば、より安く、品質的に問題のないお店もあるのかも?です。

何かの、ご参考になれば、幸いですm(__)m

0コメント

  • 1000 / 1000

YamaGuuci#29

「速さより、ミーハーさを楽しむ親子」20年ぶりにモトクロスに復帰したオヤジが、息子と一緒に週末ライドを楽しんでいるサンデー親子レーサーです / CRF250R & DR-Z50