サスペンション改良計画で悶々

あと2ヶ月で、2015年型CRF250Rも購入から1年。

そろそろ消耗品のメンテ~交換せねばと思い、ボチボチはじまっているWebikeさんやダートバイクプラスさんの夏のSALEでパーツを発注。

駆動系は、まとめて交換せよ!と、そこら中のサイトに書いてあるんで3点まとめて。しかし、レーサーは、まじめに消耗品を交換していると、お金がちょこちょこ飛んでいきますね。安全には代えられないのですが、どこまでパーツ寿命を引っ張れるのか、素人では判断つかないものですね^^;


そしてこの夏、消耗品のメンテと同時に、サスペンション~足回りをオーバーホールがてらパワーアップしたいと考えてリサーチしております。


そんなこと言いつつ、私にはチューニングどころかオーバーホールやサスを分解する腕も道具もないため、サスペンションのチューニングショップにお任せの予定。

検索すると様々なプロサービスショップが出てくるのですが、そもそも自分がどのような足回りを求めているのか?を、ちゃんと整理しないと、どこにお願いして良いのかもわからず、迷いに迷っております^^;

おすすめのショップあるよ!という方がいたら、よろしければ教えてください。私の好みは、ざっくりですが、初期がよく動き、細かなギャップは吸収してくれるけど、大ジャンプの着地はしっかり踏ん張るサスペンションです。(みんな、誰だってそうですかね?^^;)

---

しかしながら、昨年20年ぶりにモトクロスに復帰して驚いたことのひとつは、モトクロス人口は減少したという話は沢山聞くものの、レーサーのチューニングパーツはずいぶんと豊富に、そして高単価なものが増えた印象でした。


上記で書いたサスペンション加工サービスを筆頭に、

・XTRIGのトリプルクランプ

・HINSONのクラッチ

・TGRのアルミ削り出しのホイールハブ

などなど。


ひとむかし前は、一般に流通していなかったファクトリー御用達の仕様のパーツが普通に市販されているし、アマチュアクラスのマシンにも結構装着されている。

それぞれ高価なんですが、ある意味、お金を出せば、ファクトリーマシンの戦闘力に近づけられるというのは、すごいことだなぁと。


まぁ、私レベルの腕では、バイクのチューニングよりも、自分のテクと身体を鍛えろという話なんですが、そこは、やはりミーハーライダーなものでご容赦ください^^;

本当に速くなることと同じくらい、自分のマシンがかっこよくなって気分がアガることも重要なのです!(キリッ

0コメント

  • 1000 / 1000

YamaGuuci#29

「速さより、ミーハーさを楽しむ親子」20年ぶりにモトクロスに復帰したオヤジが、息子と一緒に週末ライドを楽しんでいるサンデー親子レーサーです / CRF250R & DR-Z50